金融

ゆうちょ銀行の振込手数料や定期預金は?ネットでの振込もできる?

ゆうちょ銀行

株式会社ゆうちょ銀行(ゆうちょぎんこう、英称:Japan Post Bank Co., Ltd.)は、東京都千代田区大手町に本社を、同区丸の内に本店窓口をそれぞれ置く、日本の銀行です。
愛称は「JP ゆうちょ銀行」(英通称はJP BANK)であり、コーポレートカラーは「ゆうちょグリーン」です。

ゆうちょ銀行って?

郵政民営化関連6法(ゆうちょ銀行の直接の根拠法は郵政民営化法(平成17年法律第97号)第8章)公布による郵政民営化の準備に伴い、2006年(平成18年)9月1日に準備会社として株式会社ゆうちょが設立されました。
2007年(平成19年)10月1日に、株式会社ゆうちょ銀行に商号変更して発足しました。

日本郵政公社から主に郵便貯金事業等を引き継ぎ、所要の施設・職員等を承継した委員会設置会社(現在は、法改正により指名委員会等設置会社に移行)となりました。

ゆうちょ銀行

郵便貯金が取り扱ってきた商品・各種サービスが名称変更されたうえで事実上引き継がれていますが、ゆうちょ銀行によって提供されているサービスは、郵便貯金法に基づく「郵便貯金」ではなく、銀行法第4条第1項の免許を受けたものとみなされたこと(郵政民営化法第98条1項)により「預貯金」に準拠した商品となります。
但し、マネーストック上は郵便貯金と同じく、M2(国内銀行)には含まれていません。

日本郵政などと異なり、特殊会社としての設立形態を採らず、法文上は郵便貯金銀行と表現されています。

同行は貯金残高約180兆円で、三菱UFJ銀行の預金残高約149兆円を抜き、2018年(平成30年)9月30日現在で国内最高の残高です。

都市銀行には含まれていないものの、みずほ銀行以外で全国47都道府県全てに店舗(支店・出張所)を有しているのはゆうちょ銀行のみです。

2011年(平成23年)10月27日に全国銀行協会に「特例会員」として正式に加盟しました。

ゆうちょ銀行のATMってどうなってる?

ゆうちょ銀行

前身である郵便貯金時代にATMが導入された当初は、アイボリー色に塗装された筐体が採用されていました。
1990年代後半より、灰色の筐体のもの(液晶タッチパネル付)に置き換えが進み、2006年(平成18年)から白い筐体のタイプが導入されました。

ICキャッシュカードに登録された指静脈による生体認証に対応しています。
灰色の旧タイプのものでも、生体認証機能付に改造されたものがあります。

画面が小型のものは全国銀行データ通信システム(全銀システム)接続までに白い筐体の機種に置き換えられました。
郵便貯金時代よりすべてのATMにおいて、数字ボタンが取り付けられています(視覚障害者やボタンによる操作を希望する層への対応)。
他の金融機関の場合、ボタンのないタッチパネルのみの機種が多いので、障害者への配慮は進んでいると言えます。

画面に表示されるキーに触れて入力することもできます。
また、音声による案内も標準装備となっています。
英語による音声案内も選択できます。

2017年(平成29年)1月4日より全国一斉に、ATMの画面が文字やボタンのサイズを大きくして見やすくなったカラーユニバーサルデザインに沿ったデザインへと切り替えられました。

仕様の違いにより、ATM・ATMC・ATMJ・ATMP・ATMSといったタイプが存在します。

郵便貯金時代には、払戻専用のCD(キャッシュディスペンサー)も多くありました。
CDはカードのみの取り扱いで、ATMよりも小スペースで設置できましたが、同じスペースで設置できる小型のATMに置き換わり、姿を消しました。

ゆうちょ銀行の店舗・事務組織って?

ゆうちょ銀行

郵政民営化に際し、郵便貯金に関係する職員と施設のうち、下記のとおり直営店・貯金事務センター・地域(統括)センター(2016年より、パートナーセンター設置により廃止)が設置されることになった(民営化前の)郵便局の貯金課部分だけをゆうちょ銀行が引き継ぎ、それ以外については郵便局株式会社に引き継がれました。

同一の建物にゆうちょ銀行が直営店を置いている郵便局では、郵便局会社はゆうちょ銀行の代理店業務(貯金業務)を取り扱っておらず、窓口では郵便・保険・貯金の窓口を並べて民営化前同様のアクセスを維持しつつも、窓口内側の事務室では、互いに別法人となった郵便局部分(郵便・保険窓口)とゆうちょ銀行直営店部分(貯金窓口)とが壁で仕切られているか、異なるフロアとなっています。