金融

住信SBIネット銀行のATMや評判は?ログイン方法は難しくない?

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行株式会社(すみしんエスビーアイネットぎんこう、英称:SBI Sumishin Net Bank, Ltd.)は、三井住友信託銀行(設立当時は住友信託銀行)とSBIホールディングスが共同で出資する「新たな形態の銀行」に分類される日本の銀行あり、ネット専業の銀行です。

住信SBIネット銀行って?

SBIグループのSBI証券との連携を重視しており、同証券に入金しなくても買付資金として充当される「SBIハイブリッド預金」や、銀行のウェブサイトで預金残高と証券口座の残高を一括して把握できる照会画面など、銀行と証券会社のサービスを一体的に利用できるように指向しています。
また、相互に口座開設手続きを代行しており、特にSBI証券から銀行口座を開設する場合には身分証明書類の再提出を省略できます。

利用者が資産運用に用いることを前提にした銀行で、当初はSBIカードやその他クレジットカードの決済やソフトバンク(従来からのSoftBankブランドに加え、Y!mobileブランドで、SoftBankブランド契約と同じ方式で口座引落やクレジット会社への請求を行うスマートフォンあるいは50x系以降のデータ契約を含む)の電話料金など個別に提携した一部の企業を除き、公共料金などの引落口座には利用できませんでした。
現在は、携帯電話や保険など多数の企業の引き落としに対応しています。

15歳以上の日本居住者一人あたり1口座のみ持つことが可能です。

開業当初からICキャッシュカードを発行しています。

住信SBIネット銀行

当初は5年の有効期限を設け、期限が到来する度に差し替えすることとしていましたが、2009年(平成21年)7月26日に有効期限を廃止しました。
同27日の口座開設受付分以降は、有効期限のエンボスが刻印されていないキャッシュカードが発行されます。
なお、2016年1月27日以降は、同日発行開始されたVISAデビットカードに切り替えられたため、従前からのキャッシュカードは発行されなくなりました。
また、従前からのキャッシュカードの利用者がVISAデビットカードに切り替える場合は、2017年3月末までは申請により無償交換に対応しました。
以降は有料化を予定していましたが、その後も無料で対応しています。

住信SBIネット銀行の入金・出金について

イオン銀行・セブン銀行・ゆうちょ銀行・イーネット・ローソンATM・VIEW ALTTE(ビューアルッテ)のATMが利用可能となっています。

2016年2月より、新プログラム開始にともない、手数料体型が変更されています。

個人向け口座

住信SBIネット銀行

全てのATMから無料で入金可能となっています(入金不可であるビューアルッテを除く)。
全てのATMからの出金は、月2回から15回まで無料です。
所定の無料回数を超えると金額によらず利用の都度、所定の手数料がかかります。

ハイブリッド預金の入出金については、SBI証券が発行する証券カードを利用する形となります。

法人向け口座

全てのATMにて入出金とも利用の都度、所定の手数料がかかります。

なお、親会社である三井住友信託銀行とはATM提携をしておらず、同行ATMは利用できません。

住信SBIネット銀行の振込手数料

個人向け口座から

同行の口座間は無料となっています(24時間即時反映)。
他行宛ては月1回から15回まで無料ですが、所定の無料回数を超えると金額によらず利用の都度、所定の手数料がかかります。

法人向け口座から

同行の口座間および他行宛てともに利用の都度、所定の手数料がかかります。