金融

埼玉りそな銀行のATMや口座開設は?マイゲートは本当に便利なの?

埼玉りそな銀行
埼玉りそな銀行

株式会社埼玉りそな銀行(さいたまりそなぎんこう、Saitama Resona Bank, Limited)は、本店を埼玉県さいたま市浦和区に置く、りそなホールディングス傘下の都市銀行です。

埼玉りそな銀行って?

りそなホールディングスの子会社として設立後、旧あさひ銀行の埼玉県内店舗および東京都内店舗の一部を継承する銀行として営業を開始しました。

営業地盤の埼玉県において、預金ならびに貸出金ともにトップシェアを誇る銀行です。

埼玉りそな銀行

約730万人の県民のおよそ60%にあたる、約450万件の個人口座を有しています。

有人店舗132店のうち、127店を埼玉県内に展開しています。

埼玉県外の店舗については東京支店のほか、埼玉県と繋がりの深い東京都豊島区池袋に「セブンデイズプラザいけぶくろ(さいたま営業部池袋出張所)」、群馬県の高崎市と太田市に法人取引向けの出張所である「たかさきビジネスオフィス(本庄支店高崎出張所)」「おおたビジネスオフィス(熊谷支店太田出張所)」を展開しています。

かつての埼玉銀行の流れから、埼玉県やさいたま市、県下市町村の大半から指定金融機関に指定されています。

こうしたことから、一部市区町村役所・役場には埼玉りそな銀行の最寄支店職員が常駐する出納窓口があるほか、多くの埼玉県内の市区町村役所・役場やその周辺には同行ATMが設置されています。

本店は、さいたま市浦和区に所在する「さいたま営業部」です。

同営業部は、もともと埼玉銀行本店営業部であった所以から、営業室(窓口・ロビー)の延べ床面積はメガバンクの本店営業部と同等の規模を誇っています。

建物は1977年にBCS賞を受賞しています。

店舗は、東京支店やあさひ銀行時代に新設されたさいたま新都心支店などを除いて埼玉銀行時代に設置された土地建物を使用しているため、協和銀行と合併してあさひ銀行となっていた旧埼玉銀行が創業地へ戻ってきた恰好となっています。

なお、本社の一部機能は、りそなホールディングス東京本社内に設置しています。

旧あさひ銀行のうち埼玉県内拠点の取引先のみを分割継承したため、住宅ローン等の個人向け融資の割合が上昇した関係もあり貸出金に占める不良債権比率が少なく、発足当初の自己資本比率は7%台後半を示していました(2009年(平成21年)度中間期決算時は10.78%)。

事実上、国有化されたりそなグループの中では唯一の優良行とされています。

旧埼玉銀行が都市銀行であり、BANCS加盟であったことなどから、都市銀行扱いになりますが、金融庁の銀行分類では「地域銀行/その他」に区分されています。

他の都市銀行4行(みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行)が金融庁の直接の監督を受けるのに対し、当社は地方銀行と同様に関東財務局の監督を受けます。

りそなグループの他社と違い、埼玉県のマスコット「コバトン」を現金用封筒や社員の名刺、及び生体認証ICキャッシュカード(個人顧客の「普通預金口座」に限って発行)などに使用しています。

埼玉りそな銀行の店舗はどこにある?

埼玉りそな銀行

旧あさひ銀行の埼玉県内の有人店舗のうち、りそな銀行が引き継ぐ目的で合併間際に開設された空中店舗の浦和支店を除く108店舗(旧あさひ銀行の有人店舗総数の約3分の1に相当)と、りそな・マルハビルの大手町中央支店、池袋東口支店、新宿駅前支店(2004年(平成16年)9月17日閉店)の3店舗を承継しました。

埼玉県外で支店扱いの拠点は東京支店のみです。

埼玉りそな銀行単体での店舗・無人出張所(ATM)拠点数は、BANCS提携5行の中では最も少ない地方銀行と同等の水準となっています。

なお、当行とりそな銀行の現金自動預払機 (ATM) では、通帳・キャッシュカードを自社(自行)扱いで相互利用できますが、店舗での取引では他社(他行)にあたるため、自社の口座以外では受付不可となっているものもあります。

なお、近畿大阪銀行、関西アーバン銀行、みなと銀行との取引も、りそな銀行と同様にすべての時間帯で手数料が自社扱いとなります。

2004年(平成16年)より、坂戸市の東坂戸代理店(2007年(平成19年)3月廃止)を除く全店舗で、窓口業務時間を午後5時までに拡大しました。

埼玉りそな銀行マイゲートについて

埼玉りそな銀行のマイゲートはインターネットバンキングとして使えるのはもちろんのこと、他にもさまざまな機能があります。
また、安全にご利用できるようにセキュリティも充実しています。

マイゲートを利用するメリットとしては

  1. 振込手数料がお得になる
  2. クラブポイントが貯まる
  3. お役立ちコラムが満載
  4. カレンダーで明細確認ができる
  5. 限定キャンペーンがある
  6. 投資信託をさらに便利に利用できる
  7. 住宅ローンがお得になる

の7つが挙げられます。

埼玉りそな銀行

特に、マイゲートで振込をした場合、通常のATMを使うよりもかなり振込手数料がお得になる点は大きなメリットです。

埼玉りそな銀行の同一支店あての場合

カード:無料 現金:324円→無料

埼玉りそな銀行別支店・りそなグループ本支店あての場合

カード:108円 現金:324円→無料

他行あての場合

カード:432円 現金:648円→216円

となります!