税金

知らないなんてありえない? 「所得税」について徹底解説!

所得税とは?

所得税

所得税は、法人で働いている人のひと月の所得に応じて、月給から差し引かれるものです。
年間の所得に対し課税されるため、12月にその総額を計算し直し、払い過ぎた事例は還付される事になります。

最終的な納付期限は3月末となっており、確定申告をする事によってその総額が計算され、払い過ぎた分については戻ってくる事もあります。
雑所得を含めてどれほど戻るのか、といった点については早見表を活用する事で、事前に知る事ができます。

所得税の必要書類とは?

所得税

所得税の申告をするケースには、色々な書類が不可欠です。

特に、個人事業主が行う青色申告についてはビジネスを行っている事を証明する書類が不可欠となるため、十分な注意が必要です。
青色申告をする際には、青色申告承認申請書に徴収高計算書や源泉徴収票を添付して提示します。
納税額なども自らで計算して申告を行う事が必要なため、速算表を使用しながら納付書の書き方に従い、的確に代金を計算し、記入する事が必須です。

この計算を誤ると、最悪の場合、追徴課税のリスクもあるので、十分に配慮する事が重要です。

所得税控除って?

所得税

所得税には、暮らしをする上で不可欠と思われる項目に対する所得税控除があります。

主な項目としては、普通に暮らしをする上で不可欠な項目に対する基礎控除のほか、大きな病をした事例にかかった医療費に対する医療費控除や配偶者控除、及び住民税控除等があります。

これらの控除計算の手段については所得の価格に応じてそのレートが異なるほか、総合の出費の代金によっても異なるため、各々の項目についてキチンと計算をする事が不可欠です。

所得税の計算方法は?

所得税

所得税の算出テクニックは給与計算と乙欄計算に基づいて行われるのがベースです。
これは1年間の所得のほか色々な控除対象となる項目について計算し、これらを全部含めた費用に反対に課税される事になるので、必須な情報は全部乙欄に記載する事が必須です。

主な勘定科目としては生命保険の控除や住宅ローンの控除などが挙げられますが、病の治療等で多額の治療費がかかったケースにはこれも控除対象になります。
住宅ローンは、家屋を買うだけではなく改修にも活用できますが、リフォームローンは改修専門です。

このようにして計算された所得税に対し、財産等含めて住民税計算が行われます。

まとめ

所得税

所得税は収入に応じて累進課税の見方に基づき課税されるものですが、地方税や住民税も普通には所得税の価格にそれに対し算出されるため、所得税に連携して課税されるものとされています。

しかし、それ以外に諸々な要因により税額が増減する事があります。

ふるさと納税は自らの要望の地域に納税する事でその税額が差し引かれるほか、今頃では復興税により税額が加算されているのでこの中身を充分にと汲み取るしておく事が正しい申告につながります。