FX税金・節税のことなら

個人事業主のFX税金・確定申告

個人事業主にとってのFX税金・確定申告について説明します。FX取引における経費の計上は可能かどうかや、確定申告の方法などわかりやすく案内します。

個人事業の確定申告まで
個人事業を始めるにあたっては、まず開業届等を管轄の税務署に提出しなければなりません。そして、「白色申告」や「青色申告」という方法の帳簿付けを毎日の取引記録や経費を記帳し、その年の1月1日〜12月31日までの取引記録としてまとめて決算を行い、「確定申告」をしなければなりません。

ただし、税務署は様々な要素を勘案して事業として成り立っているのかを見ます。「収入の規模」やそれなりの「設備投資(PCやモニター)」など、「事業規模」であることが必要になります。FXは雑所得ですので、事業所得として認められるためには、あらかじめしっかりとした実績基盤をつくったほうが事業として認められる可能性が高いかもしれません。最終的に事業所得と認められるのか、雑所得になるのかは、税務署によって判断されます。場合によっては、青色申告の申請も認められないケースもありますので、所轄の税務署に問い合わせてみましょう。

このような方はくりっく365で有利なFX取引!
  • 税制優遇で節税したい。くりっく365で余分な出費を抑えたい。
  • 証拠金を安全に守りたい。業者が破綻した場合でも、資金は安全に守られます。
  • より有利なレートでの取引を行いたい。価格の信頼性・有利性が高いくりっく365.
くりっく365FX会社比較